商品情報にスキップ
1 6

光三郎 Online shop

堺 孝行 斬月 銀三鋼 先丸正夫 斬月型 和包丁 サヤ付 ウエンジ柄

堺 孝行 斬月 銀三鋼 先丸正夫 斬月型 和包丁 サヤ付 ウエンジ柄

通常価格 $689.00 USD
通常価格 セール価格 $689.00 USD
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
サイズ

斬月

錆びに強く切れ味の鋭い銀三鋼を鍛造した本格派の柳刃包丁です。

反りをやや強く入れる事により 引き切りしやすいデザインに仕上げています。 木目の優美なウェンジハンドルは使い込むと手になじみ独特の風合いを生み出します。

300mm~390mmまで4サイズでのご提供となります。

 

銀三鋼とは

鋼によく似た"日本の高級ステンレス鋼材"のことです。

青紙や白紙を作っている日本古来の「たたら製鉄」の流れをくむ安来鋼(ヤスキハガネ)で他の「紙」と同様に"銀紙〇号"と呼ばれ。和包丁の多くは「銀紙3号(通称:ギンサン)」が使用されます。

銀三鋼の最大の特徴はステンレス鋼材でありながらも鍛造が可能なことでステンレス鋼の中でも炭素鋼と組成が似た銀三鋼は、白二鋼のように鍛造(詳細は割愛しますが鋼をハンマーで打ち鍛える工程)によって刃全体の強度を増し、切れ味を持続、且つ研ぎやすく、欠けにくい刃を作ることができます。但しその工程では、温度の見極めが難しく、キャリアを積んだ一部の鍛治士でしか打つことができないため、昨今では希少価値が高い鋼材となっています。

また、通常ステンレス鋼材には摩耗に強くするために[モリブデン、バナジウム、ニッケル]等といった素材が添加されていますが、摩耗に強くなる半面で、非常に研ぎにくく手間です。
しかし、銀三鋼では鍛造によって質の高い鋼材ができるため、これらの素材は使用されておらず炭素鋼と組成が近似しているため砥石に刃がかかりやすく研ぎやすいといった利点があります。

料理の世界では長時間食材を捌く必要があるためこれらの利点が最大限に発揮されます。長年料理のプロから支持されてきた所以です。

製品仕様

ご利用上の注意

  1. 包丁をよく洗い流し、食材や汚れを取り除きます。木製ハンドルの場合は濡れタオルなど拭いてください
  2. 金たわしや研磨剤は利用せず、柔らかいスポンジで刃をやさしく洗い、洗剤を利用して汚れを落としてください
  3. サビや劣化の原因にならないように、洗った後は乾いたタオルで水気を拭き取り、よく乾燥させてください

堺 孝行(さかい たかゆき)

堺の歴史は、辿れば600年。かの有名な戦国武将、織田信長がこよなく愛した火縄銃は「堺」製だったと伝えられています。打ち刃物として、細部のディティールまで一切の妥協を許さない精巧な造りは親から子へとその技術が伝承されてきた証であり、昭和57年には伝統工芸品へと指定される程となりました。そして現在では、国境を越え、世界30カ国以上の家庭や料理人の手に渡り、沢山の人々を魅了しています。

詳細を表示する

お問い合わせ